大学院生の研究・生活実態に関する
アンケート調査

 全院協では2004年以降、毎年「大学院生の経済実態に関するアンケート調査」を行っています。

 本アンケートでは、大学院生の経済・研究実態を把握し、大学院生の研究・生活条件の向上に資することを目的に、オーバーマスターやオーバードクター、ポストドクター、専門職大学院、留学生などを含めた、すべての大学院生を対象として行っています。

 アンケートから明らかになった大学院生の研究・経済実態を元に、毎年省庁・国会要請と学生支援機構要請を行っています。

2020年度
大学院生の研究・生活実態に関するアンケート調査
2020年6月1日~8月31日

回答はこちらから

これまでのアンケート結果